業務案内

法人設立支援業務

新規法人設立時は設立前に検討すべき事がたくさんございます。
その検討事項を曖昧なまま決定してしまうと、後に困る事がたくさんございます。
例えば、法人設立の際に資本金をどれ位の金額にするかによって、消費税の納税義務や地方税の均等割など税金が大きく変わってきます。

たくさんの検討事項をひとつひとつご説明しながら決定いただき大切な法人の設立に向けてご支援させていただきます。

また、法人設立後も期間内に提出をしないと大きく損をしてしまうような税務署への届出書等もございますので、設立後間もないお客様へのご支援も対応しております。

<<注目助成金はこちら>>

月次巡回監査業務

私どものサービスの中心となるのは、この月次巡回監査になります。毎月御社にお伺いの上、経理ソフトにご入力いただいたデータの確認・証憑書類との突合等をさせていただき、法令を遵守した試算表の作成をいたします。

作成した試算表を基にお客様に数字のご報告をさせていただき、数字があらわしている会社の実態をご説明致します。そのうえで今後どう対応したら良いか?同業他社はどうしているかなどお客様の不安・疑問などに真摯に向き合いアドバイスをさせていただきます。

月次巡回監査業務

決算申告業務

法人は毎期決算月から2ヶ月以内に所轄の税務署及び地方自治体に確定申告書を提出する義務がございます。

法人の確定申告書は個人の確定申告書と比べ非常に複雑となっており、書類の添付が漏れると税金が高くなってしまう場合もございます。

法人の確定申告書の作成は非常に専門性の高いものとなっておりますので、弊事務所にお任せ下さい。もちろん申告書の作成と共に申告の内容のご説明を解りやすくご報告させていただきます。

相続検討・対策業務

平成27年より相続税の基礎控除が縮小され、相続税の対象となる方が増加致します。

■うちは相続税がかかるの?
■現状で相続が発生した場合どうなるの?
■資産の大半が不動産なんだけど、何か対策はあるかな?
■事業承継ってまず何から始めたら良いんだろう?

など相続の悩みは多種多様となっております。

お客様それぞれに最適な対策が必ずありますので、最適な対策を一緒に探して参ります。

相続検討・対策については早めに始める事が一番の対策になります。
まずはお気軽にご相談下さい。

多種多様な悩みに対応するべく弊社では相続専門の税理士法人とも提携させていただき対応させていただいております。

相続検討・対策業務

連結納税業務

近年、国内企業は、持株会社制度の採用や分社化などによって、企業グループとしての経営をより重視するようになっています。
このような実情を反映して、平成14年の税制改正により連結納税制度がスタートしました。

連結納税制度では、企業グループ全体の所得に対して課税がなされるため、企業は個別の損益を気にせずに、組織再編や新規投資を自由に行うことができます。

私たちは連結納税制度開始直後から業務に取り組んでおり、より多くの情報収集・勉強会等の積極的な活動を行ってまいりました。その礎は着実に結果として表れており、本年度は東証1部上場企業(子法人約100社)の連結納税業務を完了し、現在も複数の案件が進行中です。

医業関連業務

医業業界を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。病院の経営成績を網羅した財務諸表を、一般企業と同様の基準によって適切に公開することが求められており、病院経営の情報公開・会計の透明性の確保に対する意識が高まっています。

喫緊の問題は、改正病院会計準則への対応があり、新設予定の医療法人会計基準への準備も怠ることができません。

当事務所では医療法人税務監査の実績を有するほか、[TKC医業・会計システム研究会」「(株)東京中央AF」のメンバーとして、大規模且つ、専門性の高い医療関連業務にも対応しています。

医業関連業務

パブリック関連業務

平成13年の「株式会社 東京中央アカウンティング・ファーム」の設立以降、私たちはその創業メンバーとして、TKCタックスジャパングループ・新日本監査法人・業界関連団体と手を取り合い、公益法人等パブリックセクターに対する活動を続けてきました。その結果、会計事務所では困難な独立行政法人の監査業務を数多く受注し、私たちもメンバーとして消費税対応業務を遂行しております。

経営アドバイス・コーナー
東京税理士会所属

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。